スポンサーサイト

2013.05.01 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    キャバ女のメールと心理/脈あり?

    2013.04.30 Tuesday

    0
      【キャバ】の営業メールには、以下のポイントがあるようです。

      〜ポイント〜 崚垢貌ってきて! 」とはしてこない回答が遅れたテイトゥウル青蝦面(チョンハミョン)「仕事が忙しい」と話してくる

      まず 崚垢貌ってきて! 」とは話してきません。
      【キャバ】両中(案)には、初めから「ミョン ダイコンと種元気なの? 店に遊びに入ってきて〜. 」と、ストレートにメールを送ってくる【キャバ】もあるようです。
      このような【キャバ】は、良い【キャバ】です。 男側としてもだまされません。 ありがとうございます。

      片方で・・メールでは一言も「店にきて!? 」とは誘惑してこない【キャバ】もあるようです。
      そういう曖昧なメールを送ってくる【キャバ】の手法は、このようです。

      まず、店に来た男性とメール交換をします。
      その時、「あなたは特に。 」と伝えるために、電話番号まで交換するケースもあるようです。 もちろん、営業用の携帯電話の番号です。
      ※私はこれにだまされた笑い

      そして、その後はふつうにメール交換をします。
      【キャバ】は、たわジャガイモないメールをお客さんでする計算です。
      「店に入ってきて! 」 「伴って」とはメールで一切、話してこないために、男性側としても【キャバ】の心理が読むことができません。

      「【三木】オイは、どうして出てきてメールを送るのだろうか? 」 「【三木】オイは、お客さんとしてメールを送っているのではなくて、私が好きでメールを送ってくるのだろうか? 営業メールはこないで・・. 」と、メールから脈蟻態度を最後まで読むことができなくて、悩んでしまいます。

      営業メールがこないために、男側の感覚としては、ふつうに、その近くの、つきあう前段階のアマチュア女性と楽しくメールを送っているような企画(祈祷)されてしまいます。


      しかし・・回答が遅れた【ハズ】です。
      【キャバ】は、多くのお客さんを兼任してメールを送っています。
      すなわち、何人にもなる男(来店した時にメールアドレス交換したお客さん)とメールを送っているわけです。
      なので、1日に1〜3通(缶)だけのメール交換や、返事を送ってくることが遅れたようです。

      回答が遅れる場合、「なぜであろうか? 」とも考えることですが、私は「さあ、忙しいことであろう。 」と考えて、だまされたまま、熱心に【キャバ】の関心を引こうと、メールを送っていた笑い

      一日1通(缶)ずつの、たわジャガイモないメール交換が2週間程度続けば、なんだか、遠距離恋愛中の恋人とメールを送っているような気にもなります。

      その後、男性側が「【キャバ】は私に心があることだ? 」と勘違いし始めるようです。 私は、思う存分勘違いしていた笑い


      そして・・テイトゥウル青蝦面(チョンハミョン)「仕事が忙しい」と話してくる出てきて、皆を分かります。

      【キャバ】は男性を、多くのお客さんの中(中)の1人として見ているから、店他デートをしません。
      お金にもならないのに、わざわざ、数多くの男性お客さんの中(中)の1人と、店の外でデートなどしません。 【メンドクサイ】から二至です。

      そのような【キャバ】は、「今回の、(同伴だというかではなくて)食事でも行こう? 」とテイトゥウル青蝦面(チョンハミョン)、必ず「ごめん. (仕事が)忙しくて・・」の始祖(詩)一貫をしてくるようです。

      私は期間を開いて、3回もテイトゥウル求めたのに・・その間のメールでは、なんだか、良い感じなのに、実際に、店他テイトゥウル青蝦面(チョンハミョン)3回全部、「ごめん. (仕事が)忙しくて・・」と拒絶されてしまいました。


      すなわち・・【キャバ】の世界では、「私のようなバカな男性お客さんを捕虜をさせるメール テクニック/メール ノウハウ(know-how)」行って、先輩から後輩に、継承されられているようです。

      要するに、ラウンジジョムにあっての業務マニュアルのようなものかも分かりません。 「男性お客さんを捕虜をさせるメール テクニック/メール ノウハウ(know-how)」というのは。

      その業務マニュアル「男性お客さんを捕虜をさせるメール テクニック/メール ノウハウ(know-how)」には、このように書かれているようです。

      ,客さんとは、たわジャガイモないメールをすること◆崚垢錙! 」とは話してはいけない8鮑櫃垢訌阿涼暴のメール交換を演出すること。
      そのために、ふつ〜ウノ メール交換が望ましい。
      単に、時々は「寂しい」等だと、遠回しに言うように店に誘惑するのはOK.
      い客さんから店他デート薦められた時は「【キャバ】ウイ仕事が忙しい」の始祖(詩)一貫で断ること。

      上記のような業務マニュアルが、【キャバ】の世界には、あるようです。

      なので、【キャバ】から曖昧で微妙なメールがきても、だまされてはいけません。 それ、営業メールであるようです。

      【キャバ】両被害者の集い〜でも【キャバ】が好きだ!! 】ウイ会長である私が断言します。 その【キャバ】からの微妙なメールは、事実は営業メールです。

      同伴でない、普通店他デートを誘惑すれば「仕事が忙しい」と拒絶されれば、どのようにメールが交換自体がラブ ラブでも、それは営業メールです。


      【店他デートを拒絶される=ソン様がと言う外は考えられないでいる】


      なので、【キャバ】の心理を分かりたいなら、店他テイトゥウル求めてみましょう。
      確かに、1回程度ならば本当に忙しくて拒絶できるのもイスムジク下です。

      しかし、2回目、3回目を誘惑して、それでも店他デートの誘惑になれば、「【キャバ】ウイ仕事が忙しい」の始祖(詩)一貫の場合は・・くやしいのですが、【キャバ】は、男の子を{お金}これと言う外は見なくなっているということなのかも分かりません。


      経験上、メールアドレス交換がOKだった場合、普通アマチュア女性ならば、デートの誘惑を断りません。
      まず、1回目のデート程度は、くるのです。 普通アマチュア女性は。

      食事デートもNGのような男とは、アマチュア女性の場合、メールアドレス交換をしないためですね。
      1